看護師の仕事中の動悸は危険!働き方を見直そう!

職場での度重なるストレスのせいで、次第に動悸が気になっていた看護師のAさん。特に夜勤前になると動悸が激しくてなかなか眠れなくなっていました。

そのせいで不眠気味になってしまい、睡眠導入剤を飲まなければ眠れないほどの睡眠障害に悩まされ、仕事中に吐き気を感じることも増えていました。



出勤するのが憂鬱でたまらなくなっていたんですが、そんなAさんも今は働き方を見直したおかげで、以前の元気と明るさを取戻し、元気に働けるようになりました。




■動悸・ストレスをなくすには?

動悸が激しくなるのはやはりストレスが関係しています。ストレスを感じることによって自律神経の働きが乱れ、交感神経が活発になります。

交感神経の働きによって、ノルアドレナリン・アドレナリンとった脳内物質が増えるんですが、この2つには血流を活発にする働きがあり、そのせいで心臓の鼓動が激しくなってしまうわけです。



動悸を抑えるには、ストレスを和らげ交感神経の働きを抑えることが大切になります。

参考記事:看護師の動悸を伴うストレスの解消方法


ただいずれにしても、ストレスを感じる元凶を断ち切らないと、抜本的な解決にはなりません。ストレスの怖いところは、放っておくとじわじわとあなたの体をむしばんでしまうことです。

看護師は心病んで離職してしまうケースが多く、最近では看護師のメンタルヘルスが大きな問題となっています。ストレスマネジメントの重要性が真剣に議論されています。



Aさんのストレスは「職場の人間関係が悪かったこと」「働きに見合った給料をもらえていないこと」の2つが要因でした。

この2つを転職によって解消することで、仕事に対するストレスがなくなり、元気に働けるようになったわけです。




■転職で失敗しないためには?

看護師は、他の職種に比べると離職率が高い傾向があります。決して良い傾向ではありませんが、良い風に考えると人材の移動が流動的で活発でもあります。

民間企業だと、転職に関してはネガティブなイメージが強く、中途採用は非常に狭き門になっているものの、看護師の場合はむしろ中途採用に積極的です。



求人へ応募する看護師の方が圧倒的に有利な立場にあるものの、だからと言って、油断をしていたら転職に失敗します。条件をいくつも妥協して、転職する羽目になります。

自分が納得できる条件で転職するためには、求人情報をより多く集め、さらに転職のプロ(転職コンサルタント)にサポートしてもらうことです。



看護師専門の転職サイトがあるので、そこに登録をすれば、一般公開されていない非公開求人が大量に掲載されています。看護師専門の転職サイトの使用料は一切無料なのに、転職コンサルタントが何から何までサポートしてくれるんです。

あなたの希望条件に沿った求人情報を見つけてくれたり、気になる病院があればあ、事前に施設見学をセッティングしてもらうことだってできます。



まだ転職の意思がはっきり固まっていなくても、まずは「悩み相談」からでもOKです。本格的に転職活動を始めるのは、サイト登録してから半年でも1でも先でも構わないんです。




■おすすめの転職サイト


「転職が上手くいった!」と実感している人にアンケートをとると、看護師専門の転職サイトは複数サイト使っている人が大半です。3つ以上登録すると、転職で失敗することがほとんどなくなります。

情報量がそれだけ増えるし、さらに3人の転職コンサルタントにアドバイスをしてもらうことで、違った角度からアドバイスをしてもらえるメリットもあります。



では、50サイト以上も看護師専門の転職サイトがあると言われている中で、どこに登録すると良いのか?このブログで下記の3つをおすすめしています。




【看護のお仕事】給料アップ交渉にめっぽう強い!




【ナースではたらこ】入職後のアフターフォローも充実!



【マイナビ看護師】病院の要望を踏まえた面接対策が丁寧!





この3サイトに登録をしておけば、日本国内で求人しているほぼすべての求人情報をほぼ網羅できるんじゃないかと思います。

転職コンサルタントもベテランがそろっているので、転職を無理に進められることもありません。自分のペースで転職を進めさせてくれます。



ちなみに、一刻も早く転職したい場合、転職活動を始めてから1ヶ月半くらいで転職が決まり、新しい職場で働き始めることだってできますよ。

ただいずれにしても、まずは相談する程度から、サイトを使い始めてみるのが良いですよ。





看護師の動悸を伴うストレスの解消方法

看護師の動悸を伴うストレスを解消するには、自分なりにストレスを発散できる行動をするのが良いですよ。


メンタルヘルスで最近注目されているのが、軽めのリズム運動と瞑想です。


たとえば、ジョギングとかウォーキングをするだけでも良いんです。一定の動作を繰り返すような運動によって、乱れた自律神経のバランスが元に戻利安くなります。

逆に肩で息が切れるほど激しい運動をしてしまうと、ストレスを体にため込んでしまうので、息が少し切れるくらいの負荷で運動するのが良いですよ。



瞑想も難しく考える必要はなくて、リラックスできる姿勢・空間を作ればOK。2分以上、ストレスとは全く無関係のことを考えます。

たとえば平均台を歩き続けるイメージを持つとか、バランスボールによって落ちないイメージを持つといった感じでOKです。



こうやってストレスを感じる対象から自分の心を遠ざけることによって、メンタルヘルスを高めることができますよ。


他にも、趣味を持つようにしたり、半身浴やアロマなどを使うことでストレスをやり過ごす方法もありますね。